写真のお部屋を作ったよ。

photoroom.exblog.jp
ブログトップ

一気に読んでしまいました。

『クライマーズ・ハイ』 横山 秀夫

d0019089_23181014.jpg


昨日も書いたけれど、
読書の時間があまりとれないため、
ちょっとずつ読む覚悟でした。
それがそれが、やめられなくて
せっかくのいい天気に、お出かけもせず
一気に読んでしまいました。

御巣鷹山日航機墜落の事故当時、
私はまだ子供だったけれど、
でも、事故の大きさや、事故の映像、
生存していた少女の救出場面など、
いろんな事を覚えています。
本を読んでいくうちに、その時の悲惨だった映像がよみがえりました。

そんな事故の裏で、必死に戦っていた記者の人達や
そんな中のいろんな出来事がつづられていて
とにかく夢中になって読んでしまいました。

あぁ、映画を観にいけなかったのがツライ・・・。

《内容》
85年、御巣鷹山の日航機事故で運命を翻弄された地元新聞記者たちの悲喜こもごも。
上司と部下、親子など人間関係を鋭く描く。

北関東新聞の記者・悠木は、同僚の安西と谷川岳衝立岩に登る予定だったが、
御巣鷹山の日航機墜落事故発生で約束を果たせなくなる。
一方、1人で山に向かったはずの安西は、なぜか歓楽街でクモ膜下出血で倒れ、
病院でも意識は戻らぬままであった。
地方新聞を直撃した未曾有の大事故の中、
全権デスクとなった悠木は上司と後輩記者の間で翻弄されながら、
安西が何をしていたのかを知る――。
実際に事故を取材した記者時代の体験を生かし、濃密な数日間を描き切った、
著者の新境地とも言うべき力作。

若き日、著者は上毛新聞の記者として御巣鷹山の日航機事故の現場を取材しました。
18年という長い時を経て初めて、その壮絶な体験は、
感動にあふれた壮大な長編小説として結実しました。それが本作品です。
[PR]
by photoroom | 2008-09-02 22:16 | 読書

写真のお部屋で、つぶやいてます。


by photoroom